これから就職や転職をお考えの方に、派遣、アルバイト、パート、在宅でのSOHOの仕事をご紹介。

在宅ワークの紹介

テーマ:在宅ワークと言う働き方

在宅ワークは、介護や子育てをしている人や、フリーランスの人が主に行っている仕事方法です。好きな時間に仕事ができる反面、スケジュールやモチベーションをうまく保たないといけません。 在宅ワークに似た名称として、「SOHO」があります。在宅ワークは、自宅を主な職場としている個人事業主であるのに対し、SOHOは自宅で事務所を構えたり、小さな会社として従業員を雇ったりするなど在宅だけではありません。 他に似たような名称に内職があります。内職の報酬は工賃と呼ばれ、最低工賃は各都道府県によって異なります。一般に、工賃は賃金よりも低いです。

それでは、在宅ワークにはどのような種類のものがあるのでしょうか。良く見られるものはデータ入力ですが、他にもライターや編集者、イラストレーター、エンジニアなどの職種もあります。それぞれ専門性の高い仕事であり、能力や技術が持っているのが条件になります。パソコンを使って行う仕事が多いです。 「何でもできます」や「どんな仕事でもできます」という人がいますが、それでは仕事はもらえません。一般に、在宅ワークは楽にできると思われていますが、簡単に仕事は得られません。雇われて働いている人以上の仕事を得るためにはポイントがあります。

まず、一日にどれだけ働けるか確認をします。

子育てや介護、家事以外の仕事に

どれぐらい時間をかけれるのか把握しておかないと 仕事の進み具合に影響します。雇われて働く場合はチームプレイで働けますが、在宅の 場合、仕事の獲得から納品まで全て自分が行わないといけないため、時間に余裕を持って仕事をすることが大切です。 次に、自分に仕事を任せられるメリットを明確にすることです。

在宅の場合、仕事の依頼者と直接会うことは少ないため、ネットを使ってやりとりをすることが多くなります。仕事を頼む側も、確実に仕事を任せられる相手にしか頼まないと思われます。そのため、自分の能力やスキル、メリットなどを明確にしなければ仕事は来ません。 そして、家族の理解を求めることです。どうしても家にいる時間が多いため、家族とトラブルになりがちです。仕事を始める前に、家族とゆっくりと話し合い、了解を得ておくことが大切です。 在宅ワークの宣伝をしている悪徳会社も多いので注意が必要です。初期費用が高かったり、電話番号がフリーダイヤルの場合では注意が必要です。簡単に仕事がもらえるわけではないため、在宅ワークを始めるときは慎重になる必要があります。

就職・転職サイト

お仕事の基本

SOHOとは何?そのメリット・デメリットのこと
扶養から外れないで、賢く働くための方法
派遣としての働き方や、派遣という立場
派遣を紹介することのメリットなどについて