これから就職や転職をお考えの方に、派遣、アルバイト、パート、在宅でのSOHOの仕事をご紹介。

転職に関する情報

テーマ:転職の面接では、新卒の場合と異なった対策が必要です。

では具体的に、どのように違うのでしょうか。 第一に、するべき仕事が決まっていることです。 新卒の場合、面接の段階では配属先が決まっていない場合がほとんどです。入社後に配属先が決まり、それから仕事を覚えていきます。 これに対し、転職の面接ではあらかじめ配属が決まっています。 第二に、転職の場合は転職の理由を聞かれることです。 一度ついた仕事を替える理由を問われるのですから、その理由と意味をしっかりと答えることが必要となります。

このように、転職の面接は新卒の場合と異なります、しっかりとした対策が必要です。 「この人にならしっかりと仕事を任せられる」と思わせることが転職の面接でのポイントです。つまり、特定分野での能力やキャリアが重視されます。年齢では若い人にはどうしても敵わないため、年齢差をハンデをカバーする強みをアピールしないといけません。

面接時、採用側はどのように見ているのでしょうか。

お互いに確認すべき項目として、3つあります。

まず、何ができるかということです。 採用側は、任せる仕事ができるかどうかを確認しています。そのため、求職者側は 「私にはこういうキャリアがあり、募集されている仕事ができます」とアピールする必要があります。 次に、意欲のいう点です。 採用側は、将来的に伸びてくれるかどうかを確認しています。新卒と比べると、勤務年数は少ないため、将来性を重視します。従って、求職者側もそれに対するアピールが必要です。 そして、企業風土に合うかどうかです。 転職をして違う社風や職場に適応できるかどうか、採用側は気にしています。そのため、求職者側も合っていることをアピールする必要がありますが、無理に合わせる必要はありません。

気をつけなければいけないことは、面接官はプロではないということです。 転職では一回目は現場のリーダークラス、ということが多いです。 入れ替わりの激しい職場の場合、面接慣れしていない面接官が多いです。 どのように対応すればよいのでしょうか。 一つは、第一印象に気をつけることです。服装や髪形など、子細なことでも気を配ります、短時間で面接を行うため、良い印象を持たれるためにも外見に気をつけることが大切です。 もう一つは、接点をアピールすることです。自分の部下にほしいと思えるような人材であることをアピールします。即戦力であると思われるように配慮します。 このように、転職の面接では十分気をつける必要があります。

就職・転職サイト

お仕事の基本

SOHOとは何?そのメリット・デメリットのこと
扶養から外れないで、賢く働くための方法
派遣としての働き方や、派遣という立場
派遣を紹介することのメリットなどについて