これから就職や転職をお考えの方に、派遣、アルバイト、パート、在宅でのSOHOの仕事をご紹介。

SOHOの情報

テーマ:SOHOという働き方

SOHOとは、「Small Office Home Office」を略したものです。小さな事務所や自宅を職場とし、ネットを使った事業を主にしています。起業している人が多く、雇用されない働き方と言えます。在宅ワークや内職との違いは、従業員を雇っている場合があるということです。従業員は10人以下になればよく、少ない人数で稼ぎを出していることになります。職種も様々です。IT関連やクリエイター、編集者、翻訳家など様々です。 SOHOにはメリットとデメリットがあります。 まず、メリットとして自分で仕事内容を決め、進行や納期も自由にできるということです。雇用されて働いている場合は、上司から指示されて仕事をしている場合が多いですが、 SOHOの場合裁量権は自分にあります。人脈や能力がある場合、多くの仕事を受注することもできます。 また、自宅で仕事をする場合には通勤や人間関係のストレスも少ないです。朝の激しい通勤電車や車の渋滞、上司や同僚との人間関係のトラブルも少ないです。服装も自由だし、休憩や食事の時間も自由であるため、自分のペースで仕事ができます。

一方、デメリットも存在します。 まず、自己管理ができない人には向いていません。 周囲に刺激を与えてくれる人が少ないため、楽をしようと思えばいくらでも楽ができます。 また、経理や営業、物品の購入など雑務が多いです。それぞれ必要なスキルがあるため、自分に足りないスキルが勉強したり人に聞いたりするなどの努力が必要です。雑務の時間も計算して仕事を引き受けないといけません。 もっとも大変なことは、収入が安定しないことです。毎月決まった仕事はないため、仕事量の多い時と少ない時では、月収に変動があります。
 

では、SOHOで働く人と仕事を依頼する企業はどのような点に気をつけているか。

企業側が最も気をつけていることは、信頼性の問題といえます。

求めているスキルや能力と、依頼される側のスキルや能力が見合っていない場合があります。企業側が確認するようにしても、受注する側が的確に分かっていない場合あるためトラブルになりがちです。 一方、仕事をする側では、仕事量が増えすぎないことを注意している人が多いです。 体調を崩したり、家族が病気になって仕事ができなくなっても、代わりに仕事をしてくれる人がいないため仕事が進まなくなります。また、納期が第一であるため、徹夜で仕事をしてしまう場合もあります。 このように、SOHOという働き方は魅力な点が多いですが、しっかりと情報を調べてから取り組むようにします。

就職・転職サイト

お仕事の基本

SOHOとは何?そのメリット・デメリットのこと
扶養から外れないで、賢く働くための方法
派遣としての働き方や、派遣という立場
派遣を紹介することのメリットなどについて