これから就職や転職をお考えの方に、派遣、アルバイト、パート、在宅でのSOHOの仕事をご紹介。

就職に関する情報

テーマ:若者向けの就職支援について

現在、政府は非正規雇用や離職率の高い若者が増えていることを重く見て、若者の就職支援に力を入れています。 公的機関には、支援の窓口は多いです。 まず、ハローワークには若年者支援窓口が設けられているところもあり、担当者制による職業相談や若者のニーズに合う求人情報の提供を行っています。担当者も経験豊富なベテランが配属され、一貫してサポートをします。対象者は、新卒者から卒業して3年以内の既卒者であることが多いです。

次に、ジョブカフェという支援機関があります。カウンセリングや就職セミナー、職業紹介まで総合的な支援を行います。就職セミナーでは、面接でのポイントや身だしなみ、電話対応など実践的な研修が多く、好評です。対象者は幅広く、新卒者から30代の人までと幅広いです。ただ、各都道府県に1、2つしかないため、場合によっては通うために時間がかかる時があります。 就職活動がとても難しい若者に対しては、若者サポートステーションセンターという支援機関があります。引きこもりやニートなど、生活習慣の改善が必要な若者の支援も行っており、規則正しい生活習慣を身に着けてから就職活動の支援を行うようにしています。
 

経験不足で就職が困難な場合

トライアル雇用という求人紹介が受けられます。

主に、学校を卒業してから3年以内の若者が対象であり、3か月の試用期間で適性や能力が認められれば本採用に移行するという制度です。一般の求人との違いが、トライアル雇用を使って人を雇う場合、国から補助金をもらえることになります。そのため、多くの企業がトライアル雇用を使っています。 平成20年から、ジョブ・カード制度が始まっています。職歴や訓練歴などを記載した証明書を発行し、就職活動を円滑に進めることを目的としています。フリーターなど能力を高める機会がなかなかない人を主な対象として作られています。 ジョブ・カードには職務経歴や資格、教育訓練の経歴などが書かれてあり、ハローワークなどでキャリアカウンセリングを受けることで発行できます。

カウンセラーと相談して、訓練が必要になった場合、ジョブ・プログラムが受けられます。これは、企業内研修や座学などの講義が組み合わさっており、修了後に発行される証明書や評価シートがファイルに追加されます。この結果、就職しやすくなります。 このように、若者の就職支援は多いですが、広く認知されてはいません。今後、普及していくことが大切になってきます。

就職・転職サイト

お仕事の基本

SOHOとは何?そのメリット・デメリットのこと
扶養から外れないで、賢く働くための方法
派遣としての働き方や、派遣という立場
派遣を紹介することのメリットなどについて