これから就職や転職をお考えの方に、派遣、アルバイト、パート、在宅でのSOHOの仕事をご紹介。

派遣の紹介

テーマ:派遣という働き方について

紹介予定派遣とは、派遣先に直接雇用されることを目的に、ある期間派遣として働く働き方を言います。派遣期間終了後、派遣スタッフと派遣先が望めば直接雇用されます。派遣の期間は3か月というところが多いです。職種によっては、6か月と長い場合もあります。 この働き方は、働く人と雇う人両方にメリットがあります。 まず、雇う側は派遣期間中にその人の能力やスキル、人格が自社に適しているかどうか見極めることができます。試用期間よりじっくりと長い時間をかけて判断ができるためメリットがあると言えます。面接では分かりにくい部分も、勤務態度などから判断することができます。

一方働く側にとってもメリットが大きいです。実際に働いて職場の雰囲気を知ることができるため、長く働けるかどうか判断ができます。一般の雇用のように、就職はしたものの、社風や人間関係が合わないというリスクを回避できます。 次に、面接が苦手という人にとっても有効な制度です。面接では緊張してしまい、自分をアピールできない人でも、紹介予定派遣だと、働き具合で自分をアピールできます。 未経験の業種で働きたいという人にも有効です。派遣の場合、未経験業種の仕事に就くのは難しくないため、派遣期間中に自分のやる気をアピールすることで直接雇用につながりやすくなります。足りないスキルも、派遣期間中に覚えればよいため、チャンスが広がります。 そして、働きたい企業は決まっているものの、なかなか求人が出ない場合です。 中小企業では人員の関係からなかなか求人が出ない事が多いです。紹介予定派遣として派遣の求人が出ている場合は、正職員への道もありえるため、チャンスが広がります。

一般の就職と異なる部分として、派遣会社のサポートがあることです。

求人の探し方や面接する時のアドバイス

直接雇用時の企業との交渉など、様々な支援を受けられます。転職の経験が少ない人にとっては安心できるシステムと言えます。 紹介予定派遣を利用する際は気をつけなければならないことがあります。 まず、直接雇用とは正職員に限らないことです。他にも契約職員やパートの場合もあるため、正職員を目指す人は契約書にちゃんと明記してあるかどうか確認する必要があります。

次に、直接雇用の際の待遇にも注意が必要です。派遣開始時に待遇の確認ができますが、中には派遣終了後に悪い条件を突きつける場合もあるため、しっかりと確認をするようにします。 紹介予定派遣は、正職員を目指す人にとっては有効な制度と言えます。

就職・転職サイト

お仕事の基本

SOHOとは何?そのメリット・デメリットのこと
扶養から外れないで、賢く働くための方法
派遣としての働き方や、派遣という立場
派遣を紹介することのメリットなどについて