これから就職や転職をお考えの方に、派遣、アルバイト、パート、在宅でのSOHOの仕事をご紹介。

仕事に関する情報

テーマ:発達障害のある人の仕事選び

現在、障害者雇用を進めている企業は多くありますが、身体障害や知的障害のある人の 雇用は進んでいても発達障害のある人の雇用はなかなか進んでいません。 特に、高機能自閉症やアスペルガー症候群など、知的に遅れのない発達障害者は 仕事が長続きしない傾向にあります。 その理由として、外見ではその特性が分かりにくいことに比べ、人それぞれ異なります。 そのため、企業も積極的には採用せず、発達障害のある人の仕事選びでも苦労が見えます。

実際、2009年度の日本学生機構の調査では就労者は約4割にすぎないというデータもあります。正職員は約1割、契約写真と派遣社員は2割、アルバイトが約1割という内容です。 さらに、仕事に付けても仕事が長続きしない傾向があるため、仕事を転々とする人が多いです。仕事で失敗して精神疾患になる場合もあり、適切な支援が求められます。 このような発達障害のある人が上手に仕事をこなし、続けていくためにはどうすればよいのでしょうか。
専門書アカデミー 口コミ

第一に、仕事選択の幅を広げることです。

日本の産業はサービス業を中心とした第三次産業が約7割を占めています。

そのため、仕事と言えば接客業や営業といった対人関係の多い仕事を思い浮かべる人が多いです。 しかし、このような仕事は発達障害の苦手な部分が多くあります。 例えば、電話対応が苦手であったり、突発的な出来事への対応が難しかったり、部下や 後輩の指導が苦手ということが多くあります。 発達障害のある人がこのような困難を切り抜けて仕事をしていくのは大変です。

催眠オナニー研究所

そこで、仕事の選択肢として農業などの第一次産業、工場勤務などの第二次産業を入れてみることがあります。これらの仕事は人間関係がそれほど密ではなく、人間関係で苦しむ人には適職である可能性があります。 第二に、仕事の中にある、日本社会の特徴を知り対策することです。 例えば「ウラ」と「オモテ」の関係のように、日本社会には本音と建て前の2つあります。 本当の自分を隠すための言動などをすることで仕事を円滑に行っています。 発達障害のある人は物事をありのままに捉える人が多いために苦労することが多いですが、 このような特徴を知り、対策を立てることが可能です。

また、どんな仕事をするにしても、心配なことに出会ったら信頼のおける人に相談して 早めに解決することが大切です。その場で訊いて解決をする習慣が大切です。 発達障害者の仕事の問題は複雑ですが、少しずつでも認知していくことが大切になってきます。

就職・転職におすすめのサイト

ランキング順位 サイト名 形態 詳細
マイナビエージェント IT転職
リクナビNEXT 正社員就職
はたらこNET アルバイト・パート
ワークゲート 全般
ジョブセンス アルバイト
anエリア アルバイト・パート
イーキャリア 転職求人
ワークポート IT就職・転職
エージェントサーナ 障がい者向け
ネオキャリア 転職

就職・転職サイト

お仕事の基本

SOHOとは何?そのメリット・デメリットのこと
扶養から外れないで、賢く働くための方法
派遣としての働き方や、派遣という立場
派遣を紹介することのメリットなどについて