これから就職や転職をお考えの方に、派遣、アルバイト、パート、在宅でのSOHOの仕事をご紹介。

派遣の情報

テーマ:派遣という働き方について

派遣とは、派遣会社から紹介を受けた会社に派遣され、一定期間働くことです。 雇用者は派遣会社と契約を結び、派遣会社は派遣する企業と契約を結びます。そのため、雇用者は派遣会社から給与をもらう形となります。職場で不満な点や相談したいことがあれば、派遣元の会社の上司に伝えることになります。これが、一般雇用で働く場合との 相違点です。  他にも、一般雇用との違いはいくつかあります。 まず、就業期間が決まっていることです。 一般的には、一般雇用の試用期間にあたる3か月間契約を結びます。3か月経過した後、派遣先の企業が再契約したいと表明した場合、再契約ができます。もちろん、能力や態度などで問題が出た場合は契約しないという選択肢もあります。 再契約の場合、同じく3か月であったり6か月であったりと様々です。ただし、契約期間には限度があります。通算で3年以上は働けないことになります。それ以上働く場合は正職員としての雇用が義務づけられます。そのため解雇される場合が多いです。

似たような言葉として、契約社員があります。 契約面と仕事面で大きな違いがあります。 契約社員の場合、数か月から1年単位で契約・更新をしていきます。派遣社員よりは長期で働けることが多いですが、その分時給は低めに設定されていることが多いです。 また、契約社員の場合、契約は自分で行なればなりません。企業から悪い条件の待遇を提示されても、自分で解決しないといけないため大変であると言えます。

それでは、派遣として働いていく中で

メリットとデメリットは何でしょうか。

メリットとしてはまず、仕事内容をある程度自分で決められることです。 通勤時間であったり、時給の高い仕事であったり、自分のしたい仕事であったりと、ライフスタイルに合わせて仕事を選べます。一方、正職員の場合、したくなくても残業をしなければならず、異動もありえます。 次に、時給が高いことです。 アルバイトやパートよりも時給が高く設定されています。数か月単位で契約の更新が行われるため、良い人材が集まるように高い時給が設定されています。賞与はありませんが、残業もほとんどないため、時給換算すると金額が高いです。

一方、デメリットもあります。 まず、雇用が不安定であることです。契約を延長してくれることはあっても、いつかは 終了します。正職員として働ければ良いですが、突然解雇される可能性もあります。 不況になると、まず派遣社員が解雇されがちということもあります。 次に、待遇面です。正職員と比べると、どうしても責任の軽い仕事しか任せられません。スキルアップは難しい面もあります。 派遣という仕事について良く知った上で、働くのが良いです。
 

就職・転職サイト

お仕事の基本

SOHOとは何?そのメリット・デメリットのこと
扶養から外れないで、賢く働くための方法
派遣としての働き方や、派遣という立場
派遣を紹介することのメリットなどについて