これから就職や転職をお考えの方に、派遣、アルバイト、パート、在宅でのSOHOの仕事をご紹介。

アルバイトについての情報

テーマ:アルバイトは副業にできる?

正職員で働きながら、副業としてアルバイトをしている人は多いです。 働いていても、不況などの影響で不安が大きいことから、副業を希望する人が多いのもうなづけます。しかし、正職員の場合、就業規則で副業は禁止されている場合が多いです。副業をすることで本業に支障をきたすことを防ぐためです。 本業の会社にばれないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。 ポイントは、確定申告をすることです。 アルバイトをしていることが本業の会社にばれるきっかけは住民税が絡んでいます。 アルバイトをした場合、会社は春ごろに去年の給与実績を支払い調書として役所に 提出します。

この調書と、本業で出た源泉徴収票をもとに住民税が決定されます。 アルバイトで稼いだ分だけ住民税は増えます。すると本業の会社の経理は、 「これだけしか払っていないのに、どうしてこんに住民税が高いのか」 と疑問を持ちます。これをきっかけにアルバイトがばれてしまいます。 そこで、確定申告をすることになります。確定申告では、両方の源泉徴収票を持って行って、住民税を算出する方法です。 普通徴収という形で税金を納めます。これは、当事者が直接税金を納めます。

逆に、会社が税金を納めるのは特別徴収と呼ばれます。

この場合、アルバイトがばれてしまうため、確実に普通徴収を選びます。

ただ、普通徴収の欄に○をしても、役所の人は特別徴収にしてしまう危険性があります。 普通徴収にする人はなかなかいないため、確実に特別徴収にしてもらえるように念を押しておきます。その方法としては、付箋を貼っておいて注意を促したり、電話で確認をすることです。アルバイト分のみ普通徴収にすることがポイントです。 さらに、確実な方法としてはアルバイト分の給与を雑収入として計上することです。この場合、会社のばれても何の不具合はありません。確定申告の際に雑収入ということを伝えれば大丈夫です。 デメリットとしては、多少所得税が高くなることです。

本業とアルバイトを行っている人は忙しいことが多いため、なかなか確定申告に行く時間がない場合が多いです。それでも、本業の会社にばれて退職させられる危険性をなくすためにも、時間をみつけて確定申告に行くことが大切です。 その他の注意点として、アルバイトの内容や給与については絶対に他言しないことです。アルバイトが可能な場合でも、他に人に伝わり白い眼で見られる可能性が高いからです。 正職員でアルバイトをする場合は、とにかく注意する必要があります。

就職・転職サイト

お仕事の基本

SOHOとは何?そのメリット・デメリットのこと
扶養から外れないで、賢く働くための方法
派遣としての働き方や、派遣という立場
派遣を紹介することのメリットなどについて