これから就職や転職をお考えの方に、派遣、アルバイト、パート、在宅でのSOHOの仕事をご紹介。

アルバイトに関する情報

テーマ:大学生とアルバイト

大学生の就職活動の困難さを反映して、大学生に行うアルバイト選びが就職を見据えたものに変わってきています。 インテリジェンスの調査によると、アルバイトを選ぶ基準として「言葉づかいやビジネスマナーを学べること」が一位になっています。面接の材料としてアルバイトを選ぶだけでなく、社会人になった後のことも考えてアルバイトを選んでいる人が多いことが分かります。 アルバイトの職種ではどのようなものを選んでいるのでしょうか。 アルバイトの場合、偏りがあり接客や販売、家庭教師などが多いです。対人関係が多い 仕事が多く、丁寧な会話や笑顔、元気なあいさつなどの素養が求められます。これらは 就職してからでも活用できることであるため、就職活動に活かせると言えます。

それでは、アルバイトの経験を就職活動に活用していくとき、注意するべきことは何でしょうか。 まず、希望する仕事と似たようなアルバイトを経験しておくことが大切になってきます。 例えば、WEBデザイナーになりたい人がWEBデザインの会社でアルバイトをしておくことは大きなアピールポイントになります。また、直接関係していなくても、塾の講師になりたい人が家庭教師のアルバイトをしておくなど、似たような経験もアピールポイントになります。

次に、必ずアルバイトをしなければならない、ということではないです。

アルバイトの職種の大半が

三次産業と呼ばれるサービス業なのですが、対人関係の多い アルバイトが苦手という人もいます。このような人はアルバイト選びから苦労し、経験しても苦労することが多いです。 自然や物が相手のアルバイトというものは少ないため、研究活動やボランティアなど柔軟に考えていく必要があります。

また、アルバイトの仕事内容や職員との関連性が大切になってきます。 サービス業ではマニュアルのあるところが多く、マニュアル通りに仕事をしていけば ある程度の人はアルバイトができます。そのような内容をアピールしても就職活動ではあまりプラスになりません。 物品の整理や経理、後輩への指導などの業務は正職員に必要なスキルであるため、そのような経験は就職活動においてもプラスに働きます。 特殊な技能を使うアルバイトも有利に働きます。例えば、保育や介護のアルバイトや、語学・危険物取扱などが必要になるアルバイトです。このような経験は誰でもできる内容ではないため、プラスに働いてきます・ アルバイトは就職活動に良い影響を与えることが多いため、積極的に取り組むのが良いと言えます。

就職・転職サイト

お仕事の基本

SOHOとは何?そのメリット・デメリットのこと
扶養から外れないで、賢く働くための方法
派遣としての働き方や、派遣という立場
派遣を紹介することのメリットなどについて